> 私たちに関しては >品質管理

品質管理

粉塵のない作業場管理

無塵作業場に入るすべての人員(会社関係者、製造業者、訪問者などを含む)、資材、および設備はこの規則に従うものとします。

職員のアクセス制御

最初の一歩

清め場に入り、救命靴を脱いで清潔なスリッパを履き、救命靴を下駄箱の右側にきちんと置きます。

第二段階

入口ガードカードを使って緩衝通路を通って靴更衣室に入り、清潔なスリッパを脱いでホコリのない靴に履き替えてください。

第三段階

最初の更衣室に入り、コートを脱いで使い捨てのヘッドキャップとマスクを着用します。

 

 

 

第 4 ステップ

2 番目の更衣室に入り、防塵服と使い捨てラテックス手袋を着用します。

5番目のステップ

着替えた後は手を消毒します。

第 6 ステップ

粘着マットを踏んだ後はエアシャワー室に入り、エアシャワーをします。


材料、設備、工具へのアクセス制御
◉ 防塵室に必要な資材は、エアシャワーを通じて作業場に入る必要があります。


◉ 防塵作業場に入るあらゆる種類の材料(金型、原材料、補助材料、工具、梱包材を含む)は、貨物通路の外で梱包から取り出す必要があります。表面のほこりやその他の物体は、雑巾や集塵機で取り除いてください。小さなアイテムは専用パレットに載せてからカーゴエアシャワールームに入ります。


◉ 工場内の製品を無塵工場から出荷する前に、製品が適切に梱包されているかどうかを確認する必要があります。材料は搬送ラインを通って無塵室から排出されます。


◉ 職員はカーゴエアシャワーを通してダストフリールームに出入りすることはできません。


◉ 無塵室作業場の返却台車および返却ボックスには、非無塵室で使用されるものとは明らかに異なる明確な標識がなければならず、混合使用は禁止されています。


◉ 新しい機器を防塵室に入れる場合は、事前に輸送ルートを計画する必要があります。粉塵のない室内環境に損傷を与えないよう、部分的な隔離および保護措置を講じる必要があります。新しい設備の移動により生産に汚染が生じる可能性がある場合は、事前に部分的な停止を手配する必要があります。


◉ 防塵作業場に入る前に、機器と金型を屋外で掃除し、拭く必要があります。カビが侵入したら専用トレーを交換する必要がある。ホコリや静電気が飛びやすいものは無塵室に置かない。

関連試験装置RELATED TESTING EQUIPMENT

ピペッティングステーション

ピペットチップのCV値とその適合性をテストします。

 

水滴接触角試験機

試験製品の吸着と磁気ビーズの残留問題

自動イメージャ

製品の寸法をあらゆる方向からテストする

 

 

 

 

温湿度試験器

さまざまな環境での製品の安定性のテスト

 

自動挿抜力 

試験機

ピペットチップの挿入力と引き抜き力をテストします。

 

リークディテクタ

漏れを防ぐためのプレート側漏れツール 

現象

 

 


We use cookies to offer you a better browsing experience, analyze site traffic and personalize content. By using this site, you agree to our use of cookies. Privacy Policy
Reject Accept